スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

支持率減、小沢氏聴取響く=岡田外相(時事通信)

 岡田克也外相は30日午前、テレビ東京の番組で、鳩山内閣の支持率が各種世論調査で低下していることについて、「当然、小沢一郎民主党幹事長の事情聴取があった時期なのでこういう結果になった」と述べ、小沢氏の資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件が影響したとの認識を示した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~資金の出所隠す経理操作?~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
捜査は検察の政権つぶし~民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~

DV 「防止法拡充を」被害者が福島担当相に要望(毎日新聞)
<小沢幹事長>滞在先のホテル 大勢の報道陣が詰め掛ける(毎日新聞)
<人工歯根>豊橋市保健所に問い合わせ殺到 使い回し疑惑で(毎日新聞)
株安・円高「様子を見る」=鳩山首相(時事通信)
亀井氏、夫婦別姓法案に反対を表明(産経新聞)
スポンサーサイト

名護市長選 市民の意思伝えたい…当選の稲嶺氏(毎日新聞)

 24日の沖縄県名護市長選で、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の同市辺野古への移設反対を訴え初当選した稲嶺進氏(64)は25日、同市で記者会見した。稲嶺氏は「手始めに議会と協力して反対決議、あるいは意見書を決議してもらい、しっかりと政府や県に対して市民の意思を伝えたい」と述べた。

 鳩山由紀夫首相が移設先について「ゼロベースで国が結論を出す」と述べたことについては「今回の選挙(結果)は13年前の(移設反対が過半数を占めた)市民投票と同じで、これまで(の市長選)と違う。そのことをしっかりとくみ取っていただきたい」と強調した。

 政府内で同県伊江島や下地島など辺野古以外の県内移設案が浮上していることについては「全国の米軍基地の75%が沖縄に集中する中で、なお県内で普天間の代替施設を確保するのは無理がある」と指摘。さらに、政府内の一部で模索されている、同市辺野古のキャンプ・シュワブ内に統合・移転する陸上案については「陸だから良いということにはならない」と述べ、海上案と同様に反対する姿勢を明らかにした。【阿部周一】

【関連ニュース】
名護市長選:県外移設の圧力増す…米各紙が結果を詳報
津市長選:告示 新人と現職一騎打ちに
宮崎市長選:元旧佐土原町長の戸敷正氏が初当選
都城市長選:長峯誠氏が再選
延岡市長選:首藤正治氏が再選

足利事件再審 菅家さん「つらかった」 録音テープ再生(毎日新聞)
飼い主はどこ?カメレオンとウサギ拾われる(読売新聞)
鳩山首相 「起訴されないこと望む」発言を撤回(毎日新聞)
押尾容疑者を保護責任者遺棄致死罪で起訴(産経新聞)
自民党大会 「再生の道筋」示せず 定年制は先送り(毎日新聞)

小沢氏会見詳報(2)「与えられた職責を全うしたい」(産経新聞)

 --幹事長続投の意思を示してきたが、進退は。聴取の要請に当初は断り、応じた理由は?

 「私は幹事長を今、辞めなければならないようなことを、おー、うちの、おぉー、担当だった秘書たちも含めてですけれども、そういうことについては、国民みなさんにおわびを申し上げなければなりませんけれども、自分自身としては与えられた職責をまっとうしていきたいと。そのように考えております」

 「それから、今になって、ということですけれども、私は別に捜査にはいつでも協力するというふうに伝えてきました。そしてまぁ、私が事情を説明するにいたしましても、やはり問題点が整理されてからの方がいいだろうということもありまして、結果として今日になったんですけれども、捜査については今までも、そして今後も協力してまいりたいと思います」

 --昨年までは資金管理団体「陸山会」の4億円を担保に銀行から借りて土地を購入した説明していたが、先週になって父の遺産を管理していた銀行口座から引き出し、保管していたものと変え、今日の説明も少し変わっている。なぜ説明が変わったのか。

 「私は説明をそんなに変えたつもりはございません。今日は地検に対する事情説明でございますので、この個別のことは今までみなさんに申し上げておりませんでしたけれども、その個人資金、そしてその中身について申し上げたということでございます」

 「もちろん、このような国民のみなさんにお騒がせし、大変恐縮して申し訳なく思っていますけれども、個人資産のその中身までもあえて公表する必要性もなかったと思っておりますが、このような事態に立ち至りましたので、今日、具体的に私からお話を申し上げたということでございます」

 --今日のこの場、ペーパーでの説明、この会見、今日の説明で国民への信頼は説明しきれたと思うか

 「あのー、少なくても、今日は、あー、地検の捜査の担当の方にすべてを申し上げました。あー、従いまして、その意味で私は今回の事柄についての説明はいたしたと思っておりますけれども、今後、さらに、国民のみなさんに必要に応じて、説明すべきことは説明したいと思っております」

 --水谷建設からのカネが小沢氏の事務所に流れているという話があるが、それについて今日の事情聴取で特捜部から話は聴かれたのか。聴かれたのなら何と答えたのか

 「それがメーンではありませんでしたけれども、お話がありました。えー、私は、そのような不正なカネは水谷建設はもちろんですけれども、ほかの会社からも一切受け取っていないと。また、私どもの担当の秘書たち、あるいは秘書たちだった者も、そのような不正のカネを受け取っていないと、確信していると、そのように申し上げました」

 --今日の事情聴取の中で、すでに先に取り調べを受けている石川知裕、大久保隆規両容疑者の自供内容についての話は出たか。一部新聞によると、すでに石川容疑者が虚偽記載に関して、事前承諾を小沢氏に得ていたと。

 大久保容疑者もそれについて共謀していたという報道がある。こうした報道の出所がよくわからない。一部では検察のリークによる一種の報道スクラムになっているという批判もある。こうした検察の捜査のあり方、報道のあり方についての見解は

 「あのー、石川(容疑者)はじめ、他の2人を含めて3人の供述内容についてのはお話などはありませんでした、一切。また、後半部分の、報道の中身については、ぜひ、できるだけ公正に冷静に報道していただきたいというふうに私としては願っております」

 「検察は、あのー、いわゆる、準司法的な立場、行政ではありますけれども、準司法的な立場も有しておられる方々ですので、ぜひ、公平公正な捜査を行っていただきたいと同時に、本日、直接お会いして、私の知っているすべてをお話いたしました。もちろん、それで納得していただけるということではないかとは思いますけれども、私の説明につきまして、真剣に聴いていただいたことだけは間違いないだろうと思っております」

 --石川議員が問われている政治資金規正法に基づく収支報告書の虚偽記載の件で1点。これまでの主張だと、幹事長はこれは単純な記載ミスだというふうに説明されてきた。今日の会見では一切関わっていないという風におっしゃっているが、一切関わっていないとすれば、なぜ単純ミスだというような評価がこれまでできたのか

 「あのー、こういうような問題に…なって…まいりまして、私が言っているのは、そのような単純なミスや記載ミスはあったかと思うけれども、不正な…金を受け取ってうんぬんとか…いう類のことは一切ないと信じている、というふうに党大会でも申し上げた通

りでございまして、私は…現時点におきましても…、石川議員も、また他の秘書、または秘書であった者も精いっぱい、自分の任務を果たそうとして努力してきたと、そのように信じております」

 --今日の事情聴取の中で検察官から黙秘権を告げられたか。調書にサインをされたのか

 「(隣の弁護士とやりとりして)あのー、被告発人、私に対する告発があったということで、被告発人として説明を伺う、という話をいただきました。そしてそのときに…、黙秘をする権利もあります、という話も伺いました、しかし私は、あのー、一切黙秘権を行使しておりませんし、すべて…答えて…おります」

 「(弁護士とやりとりして)あっ…、調書については2通署名をいたしました」

=(3)へ続く

【関連記事】
小沢氏が記者会見「裏献金は一切受け取っていない」
会見詳報(1)「検察官の質問に素直に答えた」
小沢氏会見 会場で配布された資料「経緯の説明」全文
鳩山首相「小沢氏の潔白信じたい」
小沢氏聴取 自民・大島幹事長が「お好み焼き」挑戦

<名護市長選>移設反対派の稲嶺氏が当選確実(毎日新聞)
みんなの力「ぶりでぃー」で勝利…稲嶺氏が会見(読売新聞)
2次補正を可決=衆院予算委(時事通信)
胆沢ダムの下請け中堅ゼネコン捜索…陸山会事件(読売新聞)
ネット提言に関心=「まじめな提言多い」-鳩山首相(時事通信)

首相動静(1月19日)(時事通信)

 午前7時55分、公邸発。「小沢幹事長が聴取を受けるとの報道があるが」に「当然ご自身の判断で結論を出されるべきだと思う」。同57分、官邸着。同58分、執務室へ。(了)

振り込め被害8500万か=容疑で男2人逮捕-京都、福井両府県警(時事通信)
<法科大学院>14校が抜本的な改善必要、12校は不十分(毎日新聞)
小沢氏疑惑 閣僚反応 前原「事情聴取応諾は大変結構」(産経新聞)
「検察リーク」で調査チーム=捜査や報道けん制の狙いも-民主(時事通信)
安保改定50年で日米が共同声明「アジア太平洋の平和に不可欠」(産経新聞)

レーザーポインター違法販売 大阪府警 容疑で逮捕へ(産経新聞)

 目を傷つける恐れがあるレーザーポインターを安全表示せずに販売したとして、大阪府警阿倍野署が、消費生活用製品安全法違反(特定商品の無表示販売)の疑いで、大阪市阿倍野区の販売会社経営の男(35)ら2人の逮捕状を取ったことが18日、分かった。容疑が固まり次第、同日中にも逮捕する方針。

 府警は昨年12月、阿倍野区内の本店や営業所を家宅捜索し販売用のレーザーポインターを押収していた。

 同署によると、男らは光線の出力が基準以上のレーザーポインターをインターネットオークションを通じて販売した際、出力が安全基準に適合していることを示す経済産業省が指定する「PSCマーク」を表示していなかった疑いが持たれている。

<補正予算案>25日採決で大筋合意 衆院予算委理事会(毎日新聞)
大阪で遺骨収集シンポジウム開催 野口健さんらが意見交換(産経新聞)
首相、使途公開の意向=偽装献金事件で-衆院予算委(時事通信)
センター試験終了、追試は過去最多961人(読売新聞)
スギ・ヒノキ花粉の飛散量 昨春の3割(産経新聞)

政権交代で再生可能に=日航更生法申請-菅財務相(時事通信)

 菅直人副総理兼財務相は19日夕、日本航空の会社更生法申請について「政権交代があったから透明性の高い形での再生に踏み切れる。過去の政権が再生に失敗してきた中で再スタートとなる」と述べ、企業再生支援機構の管理下で抜本的な経営改革を進める方針を強調した。同社の経営悪化の原因については「親方日の丸の体質や政治的、行政的な関与があった」と指摘した。財務省内で記者団の質問に答えた。
 日航が法的整理になったことについて財務相は「支援機構は早い段階から法的整理を検討し、わたしも理解していた。税金を使うので透明性の高い形が必要だ」と説明。運航継続に対する不安については「事業が継続できるように必要な資金はきちんと用意する」と強調した。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
【特集】民間機ミュージアム~B787ついに初飛行~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

指定市町村、約50増加へ=過疎法延長案で大筋合意-与野党(時事通信)
妨害阻止、国際世論を喚起=農水相が異例のIWC出席へ-捕鯨問題(時事通信)
産業ガスをめぐりカルテルか 大陽日酸など十数社に立ち入り検査(産経新聞)
屋久島の元社長不明、供述もとに廃校跡捜索(読売新聞)
警視庁巡査長を書類送検=アイス5個万引き容疑(時事通信)

「来るの遅い」と叱責=受注あいさつに小沢氏秘書-水谷側へ1億円要求・裏献金問題(時事通信)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件に絡み、計1億円を同会側に渡したとされる中堅ゼネコン「水谷建設」(三重県桑名市)の元幹部が「受注前に小沢事務所にあいさつに行った際、『来るのが遅い』と秘書から責められた」と、東京地検特捜部の事情聴取に供述していることが15日、関係者の話で分かった。供述によると、小沢氏側はその後、計1億円を持参するよう元幹部に要求したとされる。
 水谷側との窓口になったのは公設第1秘書の大久保隆規被告(48)=政治資金規正法違反罪で公判中、同法違反容疑で逮捕状=とされ、特捜部は同被告に2度目の聴取を要請したが、同日までに応じていないという。
 水谷元幹部の供述などによると、「胆沢ダム」(岩手県奥州市)関連工事の入札前年の2003年、工事を下請け受注できるめどが立ったため、元幹部は受注の邪魔をされたくないという思いから、業者選定に影響力を持つとされる小沢事務所へあいさつに行った。
 応対した大久保被告から叱責(しっせき)を受けたことから、元幹部は同年から04年にかけて、同被告を複数回、東京・向島の料亭で接待した。大久保被告はその後、二つの工事で各5000万円、計1億円を提供するよう、元幹部に要求したという。
 元幹部は、両工事の受注直後の04年10月と05年4月に、受注の謝礼として、石川知裕容疑者(36)と大久保被告にそれぞれ5000万円を渡したとされる。
 特捜部は、最初に提供された5000万円が、陸山会の土地購入に充てられたとみている。一方、大久保被告と石川容疑者は、資金の受け取りを否定している。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

民主党、参院選1次公認発表見送りも(産経新聞)
駅員寝坊、シャッター開かず=客8人、始発に乗れず-JR西(時事通信)
【葬送】「おい!鬼太郎」…目玉おやじ役の声優・田の中勇さん(産経新聞)
小沢幹事長続投 「検察とどうぞ戦って」首相、一蓮托生(毎日新聞)
<エレベーター>また閉じ込め 名古屋市営地下鉄(毎日新聞)

帰宅困難者の避難訓練 秋葉原駅周辺、大地震を想定(産経新聞)

 千代田区は15日、大地震が発生したとの想定で同区外神田のJR秋葉原駅周辺をメーン会場に帰宅困難者避難訓練を行った。区の総合防災訓練としては7回目で、初の試みとして外国語での外国人対応や避難誘導を実施。このほか、徒歩帰宅訓練や事故や火災に巻き込まれた人を救出する訓練も行われた。

 区によると、首都直下地震が起きると同区では交通機関が止まり約57万人の帰宅困難者が発生するという。秋葉原地区は周辺駅の1日の利用者が計約40万人と区内有数の昼間人口の多いエリア。これに加え、昨年度の年間来訪者は約20万人と外国人にも人気のスポットにもなっているため今回、初めて訓練のメーン会場に秋葉原が選ばれた。

 この日午前9時ごろ、マグニチュード7・3の首都直下型地震が発生し、区内で震度6強を観測、多数の負傷者のほか建物が倒壊し生き埋めになった人も出ているとの想定で訓練開始した。

 同駅近くのビル「秋葉原UDX」では災害救援専門のボランティア団体が主体となり、語学に優れたスタッフがいる「多言語支援センター」を設置。約10人の外国人はスタッフの誘導で駅前まで避難し、救援物資を受け取る訓練を行った。

 路上では炎上した車を東京消防庁の隊員が消火し、クレーンでつり上げて撤去した。

「西松事件で証拠隠し」=石川議員元秘書、自民会合で証言(時事通信)
<要介護基準見直し>「非該当」9割認定 厚労省調査(毎日新聞)
政治資金はクリーンに 首相(産経新聞)
鳩山首相、公邸にこもる=平野官房長官は逮捕直前に帰宅(時事通信)
小沢幹事長、2回目の衆院本会議には出席(産経新聞)

産業ガス団体を公取委立ち入り カルテル疑い(産経新聞)

 アセチレンや窒素などの産業ガスをめぐり、メーカー十数社がカルテルを結んでいた疑いで公正取引委員会の立ち入り検査を受けた問題で、公取委は20日、新たに社団法人日本産業・医療ガス協会(東京都港区)の本部や関東、近畿、九州の地域本部の計約4カ所を含む計約30カ所を独占禁止法違反(不当な取引制限)の疑いで、立ち入り検査した。

 日本産業・医療ガス協会は産業ガスを扱う業者の団体で、会長は19日に公取委の立ち入り検査を受けた大陽日酸の会長が務めている。

 またこれまでに立ち入り検査を受けたことが明らかになっていた会社のほかに、昭和電工(東京都港区)やサンテック(大阪市西区)が公取委の立ち入り検査を受けていたことが関係者への取材で新たに分かった。

鳩山首相、武器輸出三原則見直し論「口が軽過ぎ」(産経新聞)
「日本の裏社会は…」阿久根市長また問題ブログ(読売新聞)
陸山会土地購入 小沢氏資金、「積み立て」記載漏れの疑い(毎日新聞)
【くにのあとさき】東京特派員・湯浅博 「党益」が「国益」に優先とは(産経新聞)
寒気 九州・山口全域で雪 交通に乱れ(毎日新聞)

外相会談 6カ国協議の早期再開、日中で連携を確認(毎日新聞)

 岡田克也外相は17日、東京都内で、中国の楊潔※(よう・けつち)外相と会談した。両外相は、東シナ海ガス田共同開発の協定締結交渉を急ぐとともに、北朝鮮の核問題を巡る6カ国協議の早期再開に向けて、日中が引き続き連携していくことを確認した。また会談後、02年に瀋陽総領事館で起きた北朝鮮人亡命者駆け込み事件を受けて、領事機関の不可侵などを強めた領事協定の批准書を交換した。

 また、岡田外相は同日、東京都内でミャンマーのニャンウィン外相と会談した。岡田外相は、同国が今年予定する総選挙までに、自宅軟禁中の民主化運動指導者アウンサンスーチーさんら政治犯を解放するよう求めた上で「選挙結果次第では一層、経済協力ができる」と述べた。【中澤雄大】

 (※は、竹かんむりに褫のつくり)

【関連ニュース】
日韓外相会談:対北朝鮮で協力 米含め3カ国で
岡田外相:イラン追加制裁同調へ 米仏を中心に論議強まる
日米外相会談:同盟深化の協議開始 普天間移設は平行線
日米外相会談:ヤシの木を背景に共同会見 ハワイ
普天間移設:岡田外相が米副司令官と会談「5月まで結論」

聴取要請から1週間 小沢氏「多忙」 膠着続けば証人尋問も(産経新聞)
石川議員逮捕 任意聴取拒否 逮捕当日に一転(毎日新聞)
日韓外相会談 日米韓連携強化などで協議(毎日新聞)
主婦が好きなワイドショー司会者は? 宮根誠司がダントツ(産経新聞)
<囲碁>本因坊戦挑戦リーグ 高尾と山田が勝ち(毎日新聞)

<雪化粧>朝日を浴びて美しい輝き 東京・奥多摩(毎日新聞)

 冬型の気圧配置の影響で、全国的に冷え込んだ13日の朝、雪化粧をした東京都奥多摩町の山々は朝日を受けて白く輝き、美しい姿を見せた。

 気象庁によると、西日本に寒気が入り込み、九州・四国では今年一番の寒さ。関東地方では、東京都心部で最低気温が3.1度と2月中旬並みの寒さとなった。【野口由紀】

【関連ニュース】
JR羽越線:脱線転覆事故で3人を書類送検 山形
片山右京さん:富士登山中に遭難、救助 同行の2人は不明
3カ月予報:暖冬傾向続く…10年1~3月 気象庁
冬至:長~い影、隅田川に届く…建設中の東京スカイツリー
初雪:東京都心で観測 平年より10日遅く

<訃報>西岡義一さん87歳=洋画家、日展参与(毎日新聞)
作家の上西晴治氏死去(時事通信)
呼吸器疾患対象に疫学研究を検討―新型ワクチンで厚労省(医療介護CBニュース)
<強盗>コンビニ売上金650万円奪われる 愛知・蒲郡(毎日新聞)
容疑者23日間病気休暇、減給の過去 発砲3人殺害で市長陳謝(産経新聞)

センター試験前に必勝祈願、スパート(産経新聞)

 週末に迫った大学入試センター試験を前に、学問の神様、湯島天神(東京都文京区)では「第1志望に合格」などの願いが書かれた絵馬が幾重にも重なった。入試前の時期は1日に1000人が絵馬に願いを込めるという。神奈川県小田原市から孫の合格祈願に訪れた夫婦は「私たちは祈ることしかできないので」と絵馬に手を合わせていた。

【関連記事】
不況で「地元」「資格」志向高く 大学入試シーズン突入
「受験生応援バス」ただいま関西を通ってます
迫る受験、浪人生の悲哀…新型インフルワクチンは優先接種外
太宰府天満宮発、東大前行 「受験生応援バス」が出発 
「サクラサク!」北乃きいがエール 郵便局とネスレが「受験生応援バス」を運行

日航株、7円に下落=2日連続ストップ安(時事通信)
<窃盗>スナックで盗みの男、近くの路上で泥酔し御用(毎日新聞)
土地購入代にゼネコン資金=水谷建設提供の5千万円-特捜部が判断・小沢氏団体問題(時事通信)
海自部隊に15日撤収命令=インド洋給油、新テロ特措法期限で(時事通信)
皇居で講書始の儀(産経新聞)

公明・山口代表 民主党候補支援の可能性に言及 (産経新聞)

 公明党の山口那津男代表は10日、NHKの番組で、夏の参院選の対応について「政権を失ったので、政党対政党の選挙協力は今考えにくい状況だ。これまで培った人間関係を中心に選挙の基盤を広めていきたい」と述べ、公認候補を擁立しない選挙区では、民主党の候補を支援していく可能性があることを明らかにした。参院選後の民主党との連携も排除しない考えを示した。

 一方、資金管理団体「陸山会」の不明朗な資金操作疑惑が持たれている民主党の小沢一郎幹事長に対して「自身が捜査に協力し、説明責任を果たすべきだ。それができないならば通常国会で対応を検討していきたい」と述べた。偽装献金問題で元秘書が在宅起訴された鳩山由紀夫首相にも「首相の信頼が失われている。自ら政治責任を決断すべきだ、と強く訴えたい」と改めて辞任を求めた。

【関連記事】
「首相の信頼なくなる」 普天間問題5月期限で防衛政務官
民主・連合で棲み分け 複数擁立区で小沢氏支援案
参院選、自民・大島氏「反小沢」のマグマが勝機
米国でも揺れる民主党? ベテラン議員が相次ぎ中間選挙不出馬
小沢氏、自民党壊滅作戦にメラメラ 土地購入疑惑も正面突破?

e9ov1i47のブログ
私の親、キャバ嬢です。
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
携帯ホームページ
クレジットカード現金化

「自らの命をもって償う以外にない」そのとき被告は体をねじり…(産経新聞)

【元厚生次官ら連続殺傷 求刑】(下)

 《論告は続いている。小泉毅被告が強固な殺意で犯行を重ねていった経緯を説明してきた検察官。続いて、犯行の重大性について指摘する》

 検察官「被告の犯行によって、まったく落ち度のない2人の命が失われた。また1人の生命が危険にさらされ、今も後遺症に苦しんでいる。その結果はあまりにも重大である」

 《こう述べた検察官は、被害者の事件当時の状況や、事件後の苦境などについて語り出した》

 検察官「山口剛彦さんは長年厚生省で勤務し-」

 《殺害された元厚生次官の山口剛彦さん夫妻は、一昨年4月に剛彦さんが退職した後、孫ら家族とともに、のんびりした老後を送ろうとしていたという》

 《やはり元厚生次官、吉原健二さんの妻で、小泉被告に襲われ重傷を負った靖子さんは、横隔神経が切断されて呼吸機能が低下し、疲れやすい体質になったという。手は左右とも薬指と小指の神経や腱が切断されてしまったため、その機能が完全に戻ることは期待できない》

 検察官「夫の健二さんは、自らの留守中にこのような事態が起こり、妻が自分の身代わりになったという思いから、今も自分を責め続けている。その苦痛も無視できない」

 《被害者の苦しみを語る検察官。小泉被告は、そんな検察官の方に視線は向けているものの、相変わらず表情を変えることはない》

 《続いて検察官は計画性の高さや準備の周到さについても説明。実際には、もっと多くの人を殺害する計画だったことを指摘する》

 検察官「被告が最終的に襲撃しようとしていたのは4軒の家であり、それが2軒にとどまったのは、吉原元事務次官が不在にし、靖子夫人がかろうじて逃げ出したことにより、犯行が早々と発覚することになったからである」

 「被告の計画通りに事が運んでいたならば、もっと多くの人が命を失っていた可能性が高い」

 「本件を、2名を殺害し、1名に重傷を負わせただけの事件と捉えてはならない」

 《さらに検察官は、犯行後も一貫して自己の正当性を主張し、反省の色を見せない小泉被告を断罪する》

 検察官「被害者について1匹、2匹という数え方をしたり、『マモノであって人ではない』などというなど、死者を冒涜し、遺族や生存被害者、その家族らの思いを逆なでするようなことを平然と唱えている」

 「『自分の決起はまだ未完成』といい、完成とは『マモノを皆殺しにすること』だと言い、『次に生まれ変わったらもう一回やります』と述べるなどいまだに殺意を捨てていない」

 「このように、犯行後の情状も、極めて悪い」

 《小泉被告の動機の身勝手さについては、検察官は動機の一部に小泉被告の飼い犬、チロの一件があったことを認める一方、結局は自己満足のための無差別連続殺人だったと断言する》

 検察官「被告は飼い犬のあだ討ちと正当化するが、自らの達成感を得たいがための無差別的な連続殺害事件にすぎない。(一方で)約34年前にいなくなった飼い犬のあだ討ちをしたいという復讐(ふくしゅう)心のようなものがあったことは否定できない」

 《小泉被告は愛犬の名前を出されても相変わらず微動だにしない》

 《だが当然、検察官は飼い犬のあだ討ちが動機として認められるべきはないと指摘し、その動機も不純だと疑問を呈した》

 検察官「こうした動機は同情を寄せる余地もない。人を殺害するあだ討ちの理由として到底、肯定されるものではない。さらに動機は被告が言うほど純粋でもない。『自分は動物好き』と言うが、犬や猫を救うボランティアや殺処分を減らす活動をしておらず、無為徒食の生活を送っていた。しかも飼い犬が殺処分されたのか確認されておらず、被告自身が確認しようとした形跡もない」

 《続けて検察官は、小泉被告が元厚生次官とその関係者のみならず、かかわりがあった民間会社社長らの殺害を計画していたことに言及。犯行の無差別性を強調した》

 検察官「近所の建築工事の苦情から建設会社社長の命を狙い、交通事故の示談交渉が気に入らず保険会社会長、社長の命を狙い、インターネットの批判記事から元最高裁判事を最終ターゲットにした。『たくさんの厚生事務次官らを殺せば、どうせ死刑になるのだから腹の立つ相手も一緒に殺そう』との身勝手さで、社会的地位の高い者を殺害して達成感を得て、自らの人生に幕を下ろしたいという欲求があった」

 《続けて小泉被告の精神鑑定に当たった精神科医の言葉を引用、一連の事件が飼い犬のあだ討ちという純粋な思いではなく、一種の自爆テロだったと断じた》

 検察官「医師は『(動機の)中心に愛犬問題があったとしても飼い犬だけをクローズアップするのは適切ではない。自爆テロ的な側面がある』と証言している」

 「本件は、被告人が達成感、満足感を得て、人生の最期を達成感で飾りたいための無差別連続殺人だ」

 《続けて小泉被告の再犯の可能性へ言及し、更生は不可能とした》

 検察官「反省させ更生させることは不可能。被告は『現世でやり残したことはない』というが、『生まれ変わったらもう一度やります』とも述べ、殺意を捨てていない」

 《ここで検察官は死刑を望む被害者感情に触れる》

 検察官「亡くなった山口剛彦さん夫妻の長男、○○さん(実名)は『尊敬できる父と優しい母。孫の顔を見せたかった』と、二男の○○さんは『まだまだやり残したことがあったはず。母はガンに冒されながらも立派に添い遂げた』」

 《ここで、検察官は一呼吸を置いた》

 「2人は普通の善良な夫婦。ただ元厚生事務次官とその妻というだけで殺された。遺族の憤りは当然である」

 《さらに吉原健二さんと妻の靖子さんも極刑を望んでいることを紹介する》

 《そして、とうとう求刑となった。それまで早口でしゃべっていた検察官だが、ここにきて抑揚を付けた大きな声となる》

 検察官「無差別的に2人を殺害し、1人に重傷を負わせた前代未聞の連続殺人事件。極悪非道で一部の同情の余地もなく、遺族は極刑を望んでいる」

 《小泉被告は極刑理由が述べられる間、目を開いたたまま動じない様子だ》

 「最高刑を持って臨む以外になく、被告が自供したことや、前歴がないことをかんがみても、自らの命をもって償う以外にない。よって被告を死刑に処することが相当である-」

 《伝田喜久裁判長が閉廷を告げると、それまでまっすぐ検察官だけを向いていた小泉被告は、初めて上半身を傍聴席側にねじって上の方を見た》

 《その視線の先には壁掛け時計。小泉被告が死刑を求刑された瞬間、時計の針は午前10時35分を指していた》

 《次回公判は、2月10日午後1時半から。弁護側の最終弁論が予定されている》

【関連記事】
「“マモノ”は単なる悪態」被告の無罪主張を一蹴する検察官
元厚生次官ら連続殺傷 小泉被告に死刑求刑
元厚生次官ら連続殺傷 再犯の可能性口にする被告に検察側が求めるのは… きょう論告求刑
元厚生次官ら連続殺傷 「マモノとは何か」とただす裁判官 被告は「あだ討ちだった」
元厚生次官ら連続殺傷 弁護側の精神鑑定を却下 被告は「心臓めがけて狙った」

歯科医募集中!
天使の誘惑
クレジットカード現金化 還元率
クレジットカード現金化
クレジットカードのショッピング枠を現金化

米車対象外のエコカー支援、国務長官が懸念(読売新聞)

 【ワシントン=岡田章裕】12日に米ハワイで行われた岡田外相とクリントン米国務長官との会談で、米国車が日本の環境対応車(エコカー)購入支援策の対象になっていないことに対し、クリントン長官が懸念を示した。

 日本側は、米国車の燃費が基準に達してないためで、差別的に排除する意図はないとしている。

 岡田外相は会談後の記者会見で、「クリントン長官から日本のエコカー減税について、米議会での(懸念が高まっている)動きについて説明があり、連絡をよくしていこうということになった」と説明した。日米両政府で今後、協議が行われる見通しだ。

 米議会では、下院議員が、日本に対してエコカー購入支援策の是正を求める決議案を提出するなど、不満が高まっている。

b1rawspzのブログ
いつでも、元気な助産師です。
2ショットチャット
パチンコ攻略
競馬情報

<ガンダム>お台場の巨大立像が来る! JR東静岡駅前に7月、プラモの町PR (毎日新聞)

 東京・お台場で昨夏展示され、約415万人を集めた「機動戦士ガンダム」の巨大立像が7月、静岡市葵区長沼のJR東静岡駅前に登場する。静岡市の小嶋善吉市長が5日、年頭の記者会見で誘致を発表した。市が「プラモデル生産日本一」を全国にアピールする。

 立像は高さ約18メートルで重さ約36トン。鉄骨組みで、ボディーは強化プラスチック製。「バンダイナムコホールディングス」(本社・東京都品川区)が所有し、昨年7~8月の2カ月間、お台場で初めて公開された後、解体された。

 移設費は約1億5000万~2億円を見込んでおり、市が負担する。関連イベントは市と市内の大手模型企業、静岡商工会議所でつくる「ホビーのまち静岡実行委員会」の主催で、3月に設置期間などの事業内容を発表する予定だ。 小嶋市長は会見で「新幹線から眺めることもでき、全国、世界に市をアピールしたい」と話した。【望月和美】

しちろうのブログ
ゆういちろうのブログ
現金化
携帯ホームページ
クレジットカード現金化 還元率

芥川賞・直木賞 候補11作発表 大森兄弟、佐々木譲氏らノミネート(産経新聞)

 第142回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の候補作が5日付で発表された。芥川賞候補は実の兄弟の共作で昨年、文芸賞受賞で話題を集めた大森兄弟や、劇団「大人計画」の主宰者で、舞台演出から脚本、俳優、映画監督もこなす松尾スズキさん(47)らの5作(6人)がノミネート。直木賞候補には「空飛ぶタイヤ」で経済小説に新ジャンルを拓いた池井戸潤さん(46)、北海道警を舞台にした警察ミステリーを手掛ける佐々木譲さん(59)ら6作が選ばれた。選考会は14日に都内で開かれる。候補作は次の通り(敬称略)。

 【芥川賞】大森兄弟「犬はいつも足元にいて」(文芸冬号)▽羽田圭介「ミート・ザ・ビート」(文学界12月号)▽藤代泉「ボーダー&レス」(文芸冬号)▽舞城王太郎「ビッチマグネット」(新潮9月号)▽松尾スズキ「老人賭博」(文学界8月号)

 【直木賞】池井戸潤「鉄の骨」(講談社)▽佐々木譲「廃墟に乞う」(文芸春秋)▽白石一文「ほかならぬ人へ」(祥伝社)▽辻村深月「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」(講談社)▽葉室麟「花や散るらん」(文芸春秋)▽道尾秀介「球体の蛇」(角川書店)

【関連記事】
“ハルキ・イヤー”にあえて「1Q84」を除くと…
第13回司馬遼太郎賞に宮本輝氏 「骸骨ビルの庭」
文学界に新風、共作ユニット「大森兄弟」 「通じ合う」兄弟の挑戦
“原石”を探せ!感性重視、未完成作品歓迎…若者向け文学新人賞
芥川賞・直木賞選考経過 「終の住処」圧倒的、「鷺と雪」2度目投票で決着

もうすぐ1年営業マン奮闘記
一日一膳
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
クレジットカード現金化 比較
クレジットカードのショッピング枠を現金化

ATM男3度目逮捕 千葉女子大生殺害(産経新聞)

 千葉県松戸市で昨年10月、マンションの一室が焼け、この部屋に住む千葉大園芸学部4年、荻野友花里さん(21)が殺害された事件で、千葉県警松戸署捜査本部は6日、荻野さんのカードで現金を引き出したことを認めている住所不定、無職、竪山辰美被告(48)=強盗強姦(ごうかん)未遂罪などで起訴=を別の強盗致傷容疑などで再逮捕した。逮捕は3回目。竪山容疑者は容疑を認め、「空き巣をしてみたが金にならず、強盗をした」などと供述しているという。

 捜査本部などによると、竪山容疑者は10月7日、同県佐倉市の民家に侵入。家にいた60代の女性を殴り、あごの骨を折る重傷を負わせ、女性の娘=当時(31)=を脅してキャッシュカードなどを奪い、現金自動預払機(ATM)で現金55万円を引き出すなどした疑いが持たれている。

営業マン募集中!
バリバリカウンセラーでがんばるぞ
クレジットカード現金化 比較
クレジットカード現金化 即日
現金化

外科医療の崩壊に歯止めを、10日にシンポ-外保連(医療介護CBニュース)

 厳しい職場環境や若手医師の病院からの立ち去りなど、外科医を取り巻く現状について理解を深め、日本の外科医療の崩壊を阻止しようと、外科系学会社会保険委員会連合(外保連)は1月10日の午後2時から、市民公開シンポジウム「日本の医療技術を世界と比較する-日本の手術は世界一か?」を東京商工会議所ビル(東京都千代田区)で開催する。

 当日は、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏が「私が受けた日本のがん医療」と題して特別講演を行うほか、「日本の医療技術を世界と比較する」をテーマに、藤田保健衛生大外科の前田耕太郎氏や、杏林大外科の呉屋朝幸氏、北大生殖内分泌・腫瘍学分野の櫻木範明氏、九大整形外科の岩本幸英氏らが意見交換する。
 
 参加費は無料で、事前申し込みは不要。


【関連記事】
【中医協】「ドクターフィー」に賛否、基本小委で議論
若手医師の外科離れに歯止めを
外科系5学会がNPなどの早期確立を要望
都道府県別に定員数の上限も―2009年重大ニュース(3)「医師臨床研修制度見直し」
抗がん剤「包括評価対象外」か否か検討継続

プロレスファン集まれ
ウクライナ語が出来れば人生変わる
携帯ホームページ
ショッピング枠現金化
無料ホームページ

展覧会 「日本人形の美」展が開幕…横浜・そごう美術館(毎日新聞)

 日本の人形文化を知る展覧会「日本人形の美 伝統から近代まで-浅原コレクションの世界」(毎日新聞社など主催)が2日、横浜市西区のそごう美術館で開幕した。会場には日本を代表するコレクターの一人、浅原革世さんが所蔵する雛(ひな)人形や御所人形、嵯峨人形などの優品約200点が並び、人形ファンらでにぎわった。

 展覧会は31日まで。大人900円、大高生700円、中学生以下無料。問い合わせは、そごう美術館(045・465・5515)。

【関連ニュース】
雑記帳:野口宇宙飛行士、すしの握り方教わる
毎日風物詩・ひなまつり
まちかど:下田・雛のつるし飾り /静岡
チャレンジ!奈良検定:奈良県の祭り・行事に関連することがらについて… /奈良
お正月飾りと雛人形展:門司で始まる /福岡

けいいちのブログ
z2gbr3t6の日記ブログ管理ツール
無料ホームページ
クレジットカードのショッピング枠を現金化
競馬サイト

2018年、交通事故死者数2500人以下に(レスポンス)

2009年中の交通事故死者数の発表にあわせ、中井洽(ひろし)国家公安委員長はコメントを発表。「平成30年(2018年)を目途に、交通事故死者数を半減させ、これを2500人以下とし、世界一安全な道路交通の実現を目指す」という目標に向けて取り組むとした。

交通事故死者数は1970年に過去最悪の1万6765人の数字を記録した。09年は1952年以来57年ぶりに4000人台に死者数を抑え、このことは「国民の皆様やマスコミをはじめ関係方面のご協力により、交通安全の確保に取り組んできた成果」とし、「なお一層の交通安全の取り組みや安全行動の実践」を求めている。

交通事故安全基本計画は、06年度から10年度の第八次計画で、交通事故死者数5500人以下、死傷者数では100万人以下とすることを目標としたが、08年中にその目標を下回った。中井国家公安委員長の目標は、その時の総理大臣である麻生氏の談話を基本的に踏襲したものだ。

また、安藤隆春警察庁長官も同時にコメントを発表した。安藤氏は死者数の減少要因は「シートベルト着用率の向上、事故直前の車両速度の低下、悪質・危険性の高い違反に起因する事故の減少などが上げられます」と分析し、「全国警察が関係機関・団体などと協力し、あるいは連携しながら、悲惨な交通事故を1件でも多く減少させたいという熱意をもって諸対策に取り組んできた結果である」とした。

2010年の対策として、安藤氏は「高速道路における車間距離保持義務違反に対する取締り強化」や、「高齢運転者等専用駐車区間制度にかかる規定を施行し、高齢運転者に対する安全運転支援の一層の充実を図る」という。

高齢運転者等専用駐車区間制度とは、70歳以上の高齢運転者や障害者、妊婦と産後8週間までの女性が運転し、標章を掲出した軽自動車や普通自動車が駐車する場合に、新たに設置した道路上の高齢運転者等専用駐車区間を利用できるという制度。高齢運転者らに優しい道路交通環境の実現を目指して、今年4月19日からスタートする。

《レスポンス 中島みなみ》

【関連記事】
09年の交通事故死者数 57年ぶりに4000人台
死者最多都道府県は5年連続で愛知、最少は島根
けが人も出た 渋谷駅前スクランブル交差点
内閣府 特別編集
警察庁 特別編集

京都修学旅行
よういちのブログ
携帯ホームページ
出会いランキング
現金化口コミ
プロフィール

Author:はたなかたけはる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。